YEHWSHW ‘第2の寺院の栄光

2018
部分01
Jan / 018
ComentaristaSimplício
出典:Yehoshu Parchment ‘
テーマ:YEHWSHW ‘第2の寺院の栄光
レディング:ルカ2:1-32
当時、カエサル・アウグストゥスからは全世界に番号がつけられているという判決が出た。 2この最初の国勢調査はシリアのクイリノ知事で行われました。 3そしてすべてが彼自身の町に一人ずつ入られた。 4もガリル、Natzeretの街yehudeia Yosehを上って、彼はダビデの家と血統であったので、ベットLehem Efratと呼ばれるダビデの町、5はミリアム、妊娠していた彼の妻、で課税されます。 6彼らがそこにいる間、彼女は出産する時が来た、7そして彼女は最初の息子がいた。バンドに包まれて飼い主に寝そべった。なぜなら、彼らのための場所は旅館になかったからだ。 8また同じ地域では、畑にいた羊飼いたちが夜の腕時計の中で羊飼いを飼いました。 9主の使が彼らのところに現われ、主の栄光が彼らを明るく包んだ。彼らは大きな恐怖で満たされました。 10しかし、天使は彼らに言った、恐怖は、私はあなたにすべての人にしなければならない大きな喜びの吉報をもたらすません:あなたに11をダビデの町キリストは主である救い主、今日生まれています。 12そして、これは記号でなければならない:飼い葉桶に横たわって、おくるみに包まれた赤ん坊を見つけます。 13そして、突然、天のホスト多数がYEHWH永遠の神を賛美して、男性の間で地球の平和に、最高で神への14栄光を言っ天使でし​​た。喜んで。 15そして、すぐに天使が天国に彼から離れていったように、羊飼いは、私たちはBet’léhemを持っている、と主はについての私達に語った起こったこの事を、見てみましょう、別のものを言いました。 16そこで彼らは急いで行って、ミリアムとヨセフとその飼い主に横たわっている子供を見つけた。 17彼らはそれを見て、子供について話された言葉を知らせた。 18それを聞いたすべての人は、羊飼いが彼らに言ったことに驚いた。 19しかし、ミリアムはこれらのことをすべて心の中で熟考して守った。 20そして、羊飼いは彼らが言われたよう彼らが見たすべてのために永遠の神を賛美し、賞賛、返されました。 21男の子の割礼するために8日に完了したとき、彼は天使が考案される前に設定されていたYehoshuの名前」を、与えられました。モシェの法則に律法によると、彼女の浄化の日は、それが23をYEHWH提示するYehoshaléymする彼を導いたときに22と:24、(それは律法、主の律法に書かれているようすべての初子はYEHWHに専念することになる)と、儀式の規定に従って犠牲を捧げる。主の律法によると、1匹の牡蠣、または2匹の若い鳩。 25イェオシュアエルムにはシメオンという名の人がいた。この人、主の義と恐れ。彼はイスラエルの慰めを待った。御霊が彼の上にあった。 26そして、それは彼が主YEHWHの救世主を見る前に死ぬことはないだろうと御霊によって明らかになりました。 27それで、御霊によって、彼は宮に入った。両親は、法律のカスタム後に彼のために行うには、子供Yehoshu」をもたらしたときと、28 Shimeomは今彼の腕の中で彼を取り、祝福YEHWH永遠の神、と述べ、29、主は、平和のあなたのしもべにさよならを言いますあなたの言葉によると、 30わたしの目はあなたの救いを見ました.31あなたはすべての民の前で準備しました。 32異邦人への啓示と、あなたの民イスラエルの栄光のための光。
見積もりで返信
ゾロバベルの知られている寺院はペルシャ王キュロスの命令の下に建てられました。これにより、それは神のこのタイトルは、後にヘロデ大王によって発足家で休んだSECOND TEMPLEと見なされていない、この寺のYehoshu「救世主だった、発表されました。
ヘロデは、この家族はYehudim、割礼を見なされるようになったアンティIdumeanの次男でした。捕虜からイスラエルが帰還した後、537午にこれが行われました。
ヘロデの治世の間、ポンペイのローマ帝国の侵略後37年目には、休暇の中で、葉生が生まれ、8日後には神殿にいました。預言者が言ったように、第二の神殿の栄光は、最初の神殿の栄光よりも大きいか、またはシーロムの神殿よりも大きいでしょう。
2018 Bubun 01 Jan/ 018 ComentaristaSimplício shutten: Yehoshu Parchment’ tēma: YEHWSHW’ dai 2 no jiin no eikō redingu: Ruka 2: 1 – 32 Tōji, kaesaru augusuto~usu kara wa zen sekai ni bangō ga tsuke rarete iru to iu hanketsu ga deta. 2 Kono saisho no kokuseichōsa wa Shiria no kuirino chiji de okonawa remashita. 3 Soshite subete ga kare jishin no machi ni hitorizutsu haira reta. 4 Mo gariru, Natzeret no machi yehudeia Yoseh o nobotte, kare wa dabide no ie to kettōdeattanode, betto Lehem Efrat to yoba reru dabide no machi, 5 wa miriamu, ninshin shite ita kare no tsuma, de kazei sa remasu. 6 Karera ga soko ni iru ma, kanojo wa shussan suru toki ga kita, 7 soshite kanojo wa saisho no musuko ga ita. Bando ni tsutsuma rete kainushi ni nesobetta. Nazenara, karera no tame no basho wa ryokan ni nakattakarada. 8 Mata onaji chiikide wa, hata ni ita hitsujikai-tachi ga yoru no udedokei no naka de hitsujikai o kaimashita. 9-Nushi no-shi ga karera no tokoro ni araware,-nushi no eikō ga karera o akaruku tsutsunda. Karera wa ōkina kyōfu de mitasa remashita. 10 Shikashi, tenshi wa karera ni itta, kyōfu wa, watashi wa anata ni subete no hito ni shinakereba naranai ōkina yorokobi no kippō o motarasumasen: Anata ni 11 o dabide no machi Kirisuto wa omodearu sukuinushi, kyō umarete imasu. 12 Soshite, koreha kigōdenakereba naranai: Kaiba oke ni yokotawatte, okurumi ni tsutsuma reta akanbō o mitsukemasu. 13 Soshite, totsuzen, ten no hosuto tasū ga YEHWH eien no kami o sanbi shite, dansei no ma de chikyū no heiwa ni, saikō de kami e no 14 eikō o ittenshideshi ​​ta. Yorokon de. 15 Soshite, sugu ni tenshi ga tengoku ni kare kara hanarete itta yō ni, hitsujikai wa, watashitachiha Bet’ léhem o motte iru, to omo wa ni tsuite no watashitachi ni katatta okotta kono koto o, mite mimashou,-betsu no mono o iimashita. 16 Sokode karera wa isoide itte, miriamu to yosefu to sono kainushi ni yokotawatte iru kodomo o mitsuketa. 17 Karera wa sore o mite, kodomo ni tsuite hanasa reta kotoba o shiraseta. 18 Sore o kiita subete no hito wa, hitsujikai ga karera ni itta koto ni odoroita. 19 Shikashi, miriamu wa korera no koto o subete kokoro no naka de jukukō shite mamotta. 20 Soshite, hitsujikai wa karera ga iwa reta yō karera ga mita subete no tame ni eien no kami o sanbi shi, shōsan, kaesa remashita. 21 Otokonoko no katsurei suru tame ni 8-nichi ni kanryō shita toki, kare wa tenshi ga kōan sa reru mae ni settei sa rete ita Yehoshu no namae’ o, atae raremashita. Moshe no hōsoku ni rippō ni yoru to, kanojo no jōka no hi wa, sore ga 23 o YEHWH teiji suru Yehoshaléym suru kare o michibiita toki ni 22 to: 24,(Soreha rippō,-nushi no rippō ni kaka rete iru yō subete no hatsune wa YEHWH ni sen’nen suru koto ni naru) to, gishiki no kitei ni shitagatte gisei o sasageru. Omo no rippō ni yoru to, 1-biki no kaki, matawa 2-biki no wakai hato. 25 I~eoshuaerumu ni wa shimeon to iu na no hito ga ita. Kono hito,-nushi no gi to osore. Kare wa Isuraeru no nagusame o matta. Mitama ga kare no ue ni atta. 26 Soshite, sore wa kare ga omo YEHWH no kyūseishu o miru mae ni shinu koto wanaidarou to mitama ni yotte akiraka ni narimashita. 27 Sore de, mitama ni yotte, kare wa miya ni haitta. Ryōshin wa, hōritsu no kasutamu-go ni kare no tame ni okonau ni wa, kodomo Yehoshu’ o motarashita toki to, 28 Shimeom wa ima kare no ude no naka de kare o tori, shukufuku YEHWH eien no kami, to nobe, 29,-nushi wa, heiwa no anata no shimo be ni sayonara o iimasu anata no kotoba ni yoru to, 30 watashi no me wa anata no sukui o mimashita. 31 Anata wa subete no min no mae de junbi shimashita. 32 Kotokunibito e no keiji to, anata no min Isuraeru no eikō no tame no hikari. Mitsumori de henshin zorobaberu no shira rete iru jiin wa Perusha-ō kyurosu no meirei no shita ni tate raremashita. Kore ni yori, soreha-shin no kono taitoru wa,-go ni herode daiō ni yotte hossoku-ka de yasunda SECOND tenpuru to minasa rete inai, kono tera no Yehoshu `kyūseishudatta, happyō sa remashita. Herode wa, kono kazoku wa Yehudim, katsurei o minasa reru yō ni natta anti Idumean no jinandeshita. Horyo kara Isuraeru ga kikan shita nochi, 537 uma ni kore ga okonawa remashita. Herode no chisei no ma, Ponpei no rōma teikoku no shinryaku-go 37-nen-me ni wa, kyūka no naka de, basei ga umare, 8-nichi-go ni wa shinden ni imashita. Yogen-sha ga itta yō ni, daini no shinden no eikō wa, saisho no shinden no eikō yori mo ōkī ka, matawa shīromu no shinden yori mo ōkīdeshou.

Anúncios

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google

Você está comentando utilizando sua conta Google. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s