会合のメインストリートYEHOSHW

会合のメインストリートYEHOSHW
部分29
7月18日
コメントシンプリシオ司教
テーマ:YEHOSHWは、メインストリートの会合
出典:イェシュシュアの羊飼い救世主
リット。使徒4:1-23。
彼らは人々に話していたが、あなたの司祭、そして寺院の船長とサドカイ派、2ビーイングは、彼らが人々を教えることを悲しみ、そして死からYehoshuの復活を通じて説教、3は、それらの上に手を置いて、彼らは翌日まで刑務所に閉じ込められました。それはすでに遅かったからです。 4しかし、その言葉を聞いた人の多くが信じて、人の数は約5000人に増えた。 5次の日、彼らはYehoshaléym当局、長老や律法学者、6とハナン、大祭司、およびKayafa、Y’ochanan、アレクサンダー、および大祭司であったとしてできるだけ多くを集めました。 7彼らは彼らを彼らの中に入れて言った、「あなたはこれで何の力を得たのですか。 8それでケファは御霊で満たされた。聖者は彼らに言った:人の支配者とあなたがた老人、9それはあなたのすべてのがた、およびイスラエルのすべての人々に知られている私たちは、この日は、病気に行わ善行を検討すること、及び方法が癒されました、10場合には、この名前で、死人の中からよみがえらされYEHWHは、この男はあなたの前にここに立っているあなたがたは十字架につけられたナザレのYeshu「救世主、の名の下にいます。 11彼はあなたによって拒否された石であり、建造物であり、それは礎石になっています。 12そして他には救いがありません。天の下に人の中に与えられた他の名前はないので、私たちは救われなければなりません。彼らはKefahとY’ochananの大胆さを見て、彼らは無学と無知な男性だったことを認知するとき13さて、彼らが驚きました。彼らがYehoshuと一緒だったことを認めた。 14癒された人が何も立っていないのを見たとき、彼らは反対のことを何もしなかった。 15しかし、彼らを評議会から連れてきて、彼らは彼らの中に授けられた、16言って、これらの人たちに何をしなければならないだろうか。それはイェオシャリムに住むすべての人に明らかであるから、悪名高い印が彼らのためになされた、それを否定することはできない。 17しかし、われわれはもはや民衆の間に広がってはならない。彼らを脅かして、以後、彼らはこの名前で人の名前を語らない。 18彼らは彼らを呼び寄せたとき、彼らはイェホシの名によって完全に語りや教えをするべきではないと命じた。 19しかしKefahとY’ochananが答えと永遠の神が永遠の神、あなたにではなく、あなたに耳を傾ける前に、それが正しいかどうかを自分で判断彼らに言いました。 20われわれは見て聞いたことを話すことができない。 21しかし、彼らはまだ彼らをもっと脅かし、彼らを処罰する理由がないのを見て、人々のために彼らを去らせてください。すべてが起こったことのためにすべてが永遠の神に栄光を与えたからです。この奇跡治療が行われるべき男のための22は40歳以上であった。 23彼らは解放されたとき、彼ら自身のところに行き、大祭司長たちと長老たちが彼らに語ったことをすべて伝えた。
見積もりで返信
御霊が御霊を求める時、聖なる者は、モシェに言った。あなたは主のように、(イスラエルの)古代イスラエルの会衆の創始者として(物理的な意味で)彼を入れなさい。したがって、「アレイモザイカ」と言われています(例4:16)。
新契約は、イエホシュの集会であり、自分自身に基礎石に建てられています。 comは1つの場所でこう言います:「建築家が拒絶した石は、コーナーの主体になった」

Anúncios

Deixe um comentário

Preencha os seus dados abaixo ou clique em um ícone para log in:

Logotipo do WordPress.com

Você está comentando utilizando sua conta WordPress.com. Sair /  Alterar )

Foto do Google+

Você está comentando utilizando sua conta Google+. Sair /  Alterar )

Imagem do Twitter

Você está comentando utilizando sua conta Twitter. Sair /  Alterar )

Foto do Facebook

Você está comentando utilizando sua conta Facebook. Sair /  Alterar )

Conectando a %s